ストレス社会で引き起こされるうつ病は早めの治療が肝心

負担の少ない生活を送る

下を向く女性

心の病気の原因

人は毎日の生活の中で楽しいことが起こったり、悲しい、悔しい気持ちになったりします。しかし、その気持ちの原因となっているものが解消されたり解決されると自然とその事に関して少しずつ忘れたり悩むことはなくなります。そして、また毎日の生活を送ります。けれど、不安なことや悩んでいることが解決しても気持ちの切り替えができないでまだ落ち込んでいたり普段の生活を送ることが困難な方がいます。そのような憂うつ状態が続くことをうつ病と呼ばれています。また、不安なことや気持ちが沈む原因がないのに気持ちが落ち込む状態が続くこともうつ病です。原因はまだハッキリとわからない病気です。要因としては、脳の機能が正常に作動していなかったりその人の生まれもった性格、ストレス、環境などが合わさっておこると言われています。性格としては真面目で仕事熱心、責任感が強い人がなりやすいとされています。そして、人に対して気を使う人や頼まれると断ることができない人にも多いです。嫌と言えずに抱え込んでストレスを溜めてしまいます。

原因の予防と改善

うつ病で最も多いのはまわりの人間関係で起こった悲しいことや辛いこと、逆に嬉しいことでプレッシャーとなって発病することなどです。うつ病の治療に大切なのはゆっくりと体と心を休めることと、薬を使って異常を改善することです。病院では主に精神科や精神神経科、内科で診てもらうことができます。病院では、症状にあわせてひとりひとりの性格や環境をみながら治療方法を考えてくれます。また、家族や身近な人も一緒に病院へ行って診察を受けることで家族や身近な人にもうつ病に対しての知識や理解を得ることができます。何か違うかな、生活を送る中でしんどいな、つらいなという状態があるときにはそのままにしておかないで病院で診てもらうことが大事です。また、自分には現れなくても近くにいる人や家族に異変を感じた時には病院の受診をすすめてサポートすることが必要です。うつ病の人は病院と相談しながら無理をせずゆっくりと休養をとることが大切です。また、うつ病ではない人はうつ病に対しても理解を広め誰でもひとりひとりが快適に生活を送れる環境づくりをする必要があります。